今日は転勤の挨拶にいらっしゃった方がいました。歳は同じくらいで、1歳のお子さんがいると聞いてたのですが、話を聞いてびっくりなことがありました。

名古屋に転勤!
ちなみに奥さんも働いていて育休中。この4月から保育園も決まっていて、職場復帰を果たすところだったそうですが全て取り止め。
奥さんは仕事は辞めることになり、家族で名古屋に移住するとのことでした。

うちの会社に限らずですが、結婚したとか、子ども生まれたとか、新居を購入した時に限ってなぜ引越を伴う異動辞令を出しちゃうのか本当に疑問です。
自分がその奥さんの立場だったら…と考えると難しい選択です。家族は一緒にいたいという気持ちと仕事を続けたい気持ちを天秤にかけるんですよ。私だったら子どもが小さくて、自分や夫の両親は遠方、頼れる人が近くにいなかったら仕事を辞めてついていくのを選ぶと思います。

奥さんの会社の人たちだって、帰ってきてくれることを待ち望んでいたかもしれないです。それに復帰を見越して体制を整えていたかもしれません。
せっかく働ける環境が整いつつあったのに、なんだかいろんな意味でもったいないなと思ってしまいました。

我が家には縁遠い話だけれど、他人事に思えなくてブログに書き綴ってしまいました。
こんな話を聞くと働ける環境があることはありがたいことなんだなと改めて感じました。


☆チャレンジ96日目終☆