例えば、パチンコの話ですが、現行のCRヱヴァンゲリオン7の一つ前。『CRヱヴァンゲリオン〜始まりの福音』のライトバージョンの仕様書(企画書)をインターネットで読んだ時に、「最近のパチンコの平均利用額1〜2万円で満足感を味わえるスペックを実現しました!」というような感じの文言を見かけました。

 確かに、1万円くらい打てば(確率的には)1回くらい当りを引けて、それが「ベストな当り」であれば2500玉(1万円分)くらいは獲得できるスペックになっています。

 ソーシャルゲームの「ガチャ」に関するエントリを読んだので、では、ガチャを提供しているサイドは、どれくらいの頻度で、どれくらいの利用を想定しているのかな?という疑問を持ちました。

 どれくらいなんだろう?

 冒頭でパチンコの話をしてみたのは、パチンコをやらない人は、「パチンコなんてものは、射幸心を煽ってお金をむしり取る!」というイメージがあるのじゃないか?と思ったから。でも、私は詳しくないですけど、パチンコ台のレギュレーション規定や、業界の内規があったり、また、パチンコ台を作っているメーカーも、「利用される金額」に応じたスペックを研究されているのだな、と。

 仮に週一度1万円パチンコをやって、月に4万円パチンコをする人を、パチンコをしない人はどう思うのだろう?もしも、平均利用額が1〜2万円くらいで、メーカーも想定しているとしたら、10万円負ける人とかは、イレギュラーな存在かも知れない。パチンコホールのオーナーさん達も「できるだけ沢山来て、お金を落としまくって!」と考えられているかも知れないけど、激しく負けて、パチンコから離れるよりも、長く続けてくれた方が、良いようにも思える…???

パチンコの話ばかりになってしまいましたが。

 では、「ガチャ」というのは、提供している側は、「月にどれくらいの利用を想定しているのか?」というのが、気になりました。「使える分使いまくって欲しい!」という風かも知れませんが、きっと、イベントの運営とか、何かしらの戦略があるはず。

 「ガチャ」に関するエントリを読んでいるうちに、以下のシュミレーターも見ました。

  • カードコンプシミュレーター

 これが、実際の「ガチャ」と、どれくらい似ているのか、私はやったことがないから分からんですが、1回300円、11回で3000円(300円お得)というのが、マジかよ!と思いました。試しに、カードコンプを狙ってみると、10万円オーバーは楽勝でしました。

 …なのですが、月1回だけ11回ガチャをやる…という人がいたら、1日100円くらいで可愛いものですよね。1日缶コーヒーを3缶飲んじゃう人と、どっちが特異に思えるだろうか?

 仮に、1日一回ガチャをするなら、月で約9000円。私は、パチンコ(1円)をやるので、勝ち負けは関係なく『使う金額』で言えば、1〜3日分になるでしょうね。1日300円を携帯ゲームに使う…私は、ちょっと、「むむ?」ってなってきますけど、月60万円くらい給料を貰っている人からしたら、可愛い金額かも知れない。

実際のところの平均利用額は?

 何せ、私はソーシャルゲームをやらないので、平均利用額とか、よく分からんです。無料でも参加できることを考えれば、全ユーザーの平均と、月一度は課金をするユーザー層とで、2種類平均を出さないといけないかな。

 でも、実際に、11回ガチャが実装されているなら、案外、月々の課金金額は3000円付近にあるのじゃないか?と想像してみたり…。今日、読んだのは、15万円ガチャに突っ込んだ人でした。

いや〜Webマネー、25000円はキリが悪いので、4万円分買っちゃいました。これでSR杏の他にも、SRを色々買い漁って浮沈艦隊が作れる!フロントメンバーもバックも全員SRとか!うはー燃えてきた!まあこれで一ヶ月分の会社の給料を、デジタルのカードに突っ込んだ事になるわけですが……

モバイルSNSゲームが儲かる本当の理由。かーずSPはなぜ15万もつぎ込んだのか? - Togetter

 でも、これって、もしかしたら、課金ユーザー層の中でも1%未満(想像)の極めて希なことじゃないかな?と思ったり。私も、ソーシャルゲームをやってみれば、その辺りのことが体感できるのかな?と思ったり。

終ります。

 パチンコをする私は、パチンコに関して、「駐車場で起きる悲劇」とか、「借金までして身を持ち崩す人」とかの話題が、やり玉にあがると、「そんなのは希なことだよ!」とか、「パチンコホールも悪くないよ!」とか、思っていたのですが、最近の「ガチャ」の話題。現金を突っ込んだ人の話を聞いて、「ギャチャ怖えぇ!」とか思っているのは、パチンコのソレと同じことをしているのかな?と思いました。

 でも、実際に、提供側が想定している課金や利用って、どんなモノなんでしょうね。気になります。後、課金とかなくても、会員数をかかえて、広告とか、案内メールとかで、潤沢な利益が出るように思えるのですが、「課金が思った以上に流行った」というような感じがあるのかな?と想像したり。だとしたら、「課金の旨み」を期待することは、これからは、実は、リスキーなんじゃないか…と思えたり。

 いや、やったことないので、全部、想像なのですどね。すんません。こまねち。