どうもこんばんは。

 五人目のビッグダディの嫁です。

 

つい昨日、湯河原にて

【スター柳家睦凱旋帰国公演!ダイナマイト野外コンサート!in湯河原

というものにいってきました。

 

概要を説明するのもなかなか難しいような、まさに

Chaos and Creation in the Backyard 

なイベントでした。

写真を数枚みて、雰囲気を感じていただき

ご覧の皆様のご機嫌を伺えればと思っています。

 

http://instagram.com/p/mr5pBkTceW/

garden time

 

こんな感じで

 

http://instagram.com/p/mr9NuKzcSE/

yugawara time

http://instagram.com/p/msC2-nzcZv/

今日を大切に

 

こんな風になり

 

http://instagram.com/p/msS4e-zcRg/

zumi no

 

こんなスナックにいきました。

 

僕自身、性格的には非常に理屈っぽいというか

カオスからはかけ離れた性格をしているもんで

カオスなもの、カオスな場所を楽しみながらも

憧れてしまう部分があります。

 

しかしカオスはカオスだけではその場にいる人間にしか伝わりませんので

僕は観察者の目線も携えて、カオスはプレゼンするようなことが

役割なのかもしれないなと思いました。

プロレスラーというよりは、実況するアナウンサーに近い性質を持っているようです。

 

そんな楽しかった旅の帰り道に妻と、国政の話になりました。

先日、誰かのブログで、誰のブログかは失念しましたが

移民を迎え入れることの不毛さについて書いてありました。

その方の意見に自分が同意した部分を話していくと

自民党がしていることが余りにも滑稽なことが分かりましたので

ここに記します。

 

何度もいいますが、異論も反論も大歓迎です。

 

そもそも公共事業をたくさんやって、土建屋さんが儲かり

それが一般社会に回っていくということが僕にはピンときません。

土建屋は笑いが止まらないでしょうけど、あいにく僕は土建屋ではないので、全く何も面白くない。それで景気をよくしたといっても、なんてまどろっこしい手法なんだろうとしか思えません。

確かに、昨日走った真鶴の海岸沿いの道なんかはアスファルト政策とでも言うべきものの成果でしょうし、今後も南海トラフ地震の危険性がある以上、国土強靭化を進めることはよく分かります。

同じように戦後の焼け野原のなか、道路や線路を通すことで復興してより良い社会を作っていこうとしたことも、理解できます。

 

しかし、それは経済や景気のために行うべきなのだろうか。

 

僕自身、小規模な会社の営業マンをやっていて、日本が景気も経済も上向かない理由はただ一つしかないと思っています。

需要が無い、ということです。

大手の自動車部品メーカーでも、PC関係のメーカーさんでも業務連絡会に行ってみたり、営業同士で話してみればすぐ分かります。プレゼンのパワーポイントには2ページ目くらいに、「国内の需要が見込めないため」と書かれている。

だから、国内の業績は下方修正され海外で安く製品を作るか海外の自動車メーカーへ現地調達の協力として海外で生産するしかなくなります。これからこの流れはドンドン加速するし、会社はガンガン潰れるでしょう。

 

うちの会社だって、かなり危ないと思っています。

 

では日本国内で需要が高まらないのは何故か?

年寄りが多いからです。

僕の知り合いのある75才くらいの女性は、もうお孫さんが子供を産んで自分が生きている間に曾孫の顔を見ることくらいしか楽しみがないそうです。

その人はおそらく、数千万円単位で貯金があるだろう、と思います。

超高齢化社会の進む日本で、こんな人はいったいどれだけいるんだろう。

 

当たり前のことを言いますが、赤ちゃんというものは需要の塊です。

身体が大きくなっていくからドンドン服を用意しないといけないし、写真だって撮るためにデジカメやデジタルビデオカメラを買うことにつながるだろうし、年寄りは玩具を買い与え、若い夫婦はもしかしたら家を建てることにするかもしれない。もちろん車も購入を検討するでしょう。年寄りの口座に残っているお金も使い道が出来てきます。

 

もうとっくに答えは出ています。

この国に必要なのは土建屋を儲けさせることではなく、少子化対策です。

高度経済成長がなぜ高度経済成長だったのか?

それはやはり子供がどんどん産まれたから。

 

そして何より子供が沢山いる町は希望に満ち溢れていると思います。

 

では子供がたくさん産まれる社会にするにはどうすればいいのか、は僕にはまだ分かりません。するべきことは多種多様にあるでしょう。

もちろん自民党もしていることはあるでしょうが、僕には安倍総理が何故、日本全体に子供がたくさん産まれるようにしよう、とアナウンスしないか不思議でならない。

民主党は覚悟が足りませんでした。

 

我が家でも経済的な部分でもっと安心できるなら、五人くらい欲しいです。

同感な若い夫婦も多いと思う。

 

子供を産まない、という選択肢ももちろんあっていい。

子供、という希望にもっともっとアクセスしやすい社会を急いで作らないと、本当に大変なことになるという話です。

 

保育園ももっともっと必要でしょう。

子供を預けて働くということへのサポートは出来る限り増やしたほうがいい。

そこに税金使うなら文句ありませんよ。

 

産むのは母親で育てるのが自治体となれば、日本はまた人口が増えだすでしょう。

 

こんなコンセンサスくらい作れない政治家なんていらないよ。

この二十年なにやってたんだ??

 

国民のための政治ではなく

自民党のための政治をするのはおやめなさい。

 

それと電車でベビーカー押す母親に因縁つける奴ら!

恥を知りなさい。

ベビーカーにいるのは産まれたばかりの人間じゃないぜ。

 

それは希望だ!

 

 

http://instagram.com/p/mZROsgzcUx/

Instagram